• HOME
  • BLOG
  • Adobe
  • 【Photoshopの使い方】パッチツールを使って壁のしみを目立たなくする方法【超初心者編】

【Photoshopの使い方】パッチツールを使って壁のしみを目立たなくする方法【超初心者編】

パッチツールを使用すれば、壁のしみを簡単に補正できます。

パッチツールをコンテンツに応じるにして設定する。

レッスンファイルを開き、パッチツールを選ぶ。オプションバーの[パッチ]を「コンテンツに応じる」に設定する。(CS5は、「パッチ」を「ソース」に設定する。)[構造]を「4」、[カラー]を「5」に設定する。(CS6とCCは「適応」を「中間」に設定する。CS5には設定はない。)

領域をドラッグして囲む。

修正する領域をドラッグして囲む。(修正したい場所の少し外側をクリックする)

サンプルしたい場所までドラッグする。

選択範囲をサンプルする場所までドラッグする。最初に選択した領域にサンプルした場所の画像がプレビュー表示される。マウスボタンを放すと、修正される。選択範囲を解除して確認する。

[構造]と[カラー]

CS6とCCは、修正する範囲の境界を5段階の[適用]オプションで調整する。[非常に厳密に]を選択すると、サンプルしたイメージをより多く残して合成する。CC2014は[構造]を1~7、[カラー]を0~10で調整する。[構造]の値を大きくすると、サンプルしたイメージの形をより多く残して合成する。[カラー]の値を大きくすると、周辺の色となじみやすくなる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。