• HOME
  • BLOG
  • Adobe
  • 【Photoshopの使い方】調整レイヤーの適用範囲の調整方法【超初心者編】

【Photoshopの使い方】調整レイヤーの適用範囲の調整方法【超初心者編】

調整レイヤーには最初からレイヤーマスクがついている。これを利用して、調整レイヤーの色調補正の範囲を調節してみよう。

調整レイヤーで[色相・彩度]を選ぶ。

好きなりんごの画像を持ってきます。1つのりんごを選択した後、レイヤーパネルの[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、[色相・彩度]を選びます。

属性パネルで、[色相]を[60]に設定する。りんごの色が変わる。

ブラシツールを選んで調整する。

ツールパネルでブラシツールを選ぶ。オプションバーでブラシプリセットピッカーを開き、「ソフト円ブラシ」を選択し、[直径]を「250」に変更する。「不透明度」が「100%」であることを確認する。

続けて「描画色」が選択されているのを確認してから「ブラック」をクリックして「描画色」を黒にする。

りんごを塗って色を調整する。

調整レイヤーのレイヤーマスクサムネールが選択されているのを確認し、りんごの上1/4くらいをドラッグして塗る。ブラックで塗ると、調整レイヤーの適用が消え、元のりんごの色になる。(調整レイヤーがマスクされるので不適用になる)。続いて、オプションバーで[不透明度]を「10%」に設定して、中間をぼかすようにドラッグする。

塗りすぎた場合は「描画色」を「ホワイト」に変更し、消すように塗る。

文字とオビを足して小説の表紙風に。

後は、文字とオビをランダムに調節してリズム感を作り、小説の表紙っぽく作ってみました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。